漢方の流派

HOME > 漢方資料 > 漢方略解 8

〔画像/『傷寒論梗概』奥田謙蔵〕

古方派(こほうは)と後世方派(ごせいほうは)

漢方に流派があるといったら、驚く方がいらっしゃいます。「茶道や華道の世界じゃないんだから」と思われる方もいるでしょう。でもこれは事実です。そしてこのことが漢方を難解なものにしている一因でもあるのです。
漢方の流派は大きく分けると漢時代の方法論に基づく古方派(こほうは)と金元時代李朱学の治療方針に基づく派後世方派(ごせいほうは)、そして両派の中間を行く折衷派(せっちゅうは)に分けられます。一方これらとは別に現在の日本では中国本土で発展してきた中医学(ちゅういがく)とういう中国医学の系譜もあります。古方派と後世方派では、名称だけ見ると、古方派が初めに興り、次いで後世方派へと派生していったように見えますが、実際は逆で、後世方の医学が先になります。

有史以前の未開の時代は、本能治療に始まり、加持祈祷、すなわちまじないをもって医療の本体としたのは世界の東西と同じです。6世紀前半頃になると朝鮮半島を経由して、日本にも大陸の医学文化が入ってきましたが、その後飛鳥時代に遣隋使、奈良時代に遣唐使として渡った僧侶が、それぞれの時代の医書または医術を持ち帰り、直接中国の医学文化が大量に輸入されるようになります。しかしこれらの医術は貴族の間だけに行われて、一般の民衆がその恩恵に浴するまでには至りませんでした。また平安時代になっても僧医による加持祈祷は依然として行われていました。
時代が下がって室町中期に田代三喜(たしろさんき)が、明へ留学して当時隆盛であったの李朱医学を修得し、北関東の古河でその医学を立ち上げ、一般民衆に施すことで当時の中国医学を日本に根づかせます。その頃、たまたま下野国(現在の栃木県)の足利学校に勉学に来ていた京都の曲直瀬道三(まなせどうさん)は、田代三喜の評判を聞いて師事し、京都へ帰り、私費を投じて現在の医学校に当たる学舎「啓迪院」(けいてきいん)を開き、多くの医生を育て、諸国へ派遣させたことによりその医術が急速に全国に不及するようになり、多くの民衆がその恩恵に浴することができました。曲直瀬道三はわが国の医聖と呼ばれています。
道三の医学は陰陽五行説を背景としながらも李朱医学の単なる焼き直しではなく、自家の経験に照らして独自に処方を駆使運用することで、日本人向きの簡約なものに改めました。李朱医学がややもすると陥りやすい、観念論に立脚する空理空論を排して、臨床に則した簡易な治療法を提唱しました。日本の医療が宗教的な支配を離れて純粋な医学学問として成立したのは、田代三喜と曲直瀬道三の功績です。道三流の医学は江戸前期にもっとも隆盛をきわめました。

その後江戸中期になると、儒学者伊藤仁斎(いとうじんさい)が古学を提唱しましたが、それに先立つこと十余年、医学界でも名古屋玄医(なごやげんい)によって復古の説が唱えられるようになりました。ここに漢方医学史上の画期となる大きな転機が訪れます。玄医は、現在世に行われている医術は中国の後代の医術であって真のものではない。医術は須(すべから)く『傷寒論』に立ち戻るべきである、と唱えました。そして自ら後世派を退け、古方派を打ち立てました。漢方におけるルネサンスです。次いで後藤昆山(ごとうこんざん)が出て、同じ復古主義を唱え、香川修庵(かがわしゅうあん)、山脇東洋(やまわきとうよう)、松原一閑斎(まつばらいっかんさい)もまたこの説を唱導しました。後藤昆山、香川修徳、山脇東洋、松原一閑斎は古方の四大家といわれています。
そして山脇東洋によってその偉才を発見され、推挽(すいばん)されて、一躍時の医界に躍り出たのが吉益東洞(よしますとうどう)です。吉益東洞はそれまでに培った『傷寒論』を中心とする深い医学知識を土台として、内経系の医学を徹底的に排し、傷寒論系医学を絶対的なものとして、華々しい論陣を展開しました。このときの両陣営の論争は、幾冊ものすぐれた内容をもつ書籍となって、現代に伝えられている。そして、東洞の唱導した傷寒論系医学は、東洞に師事した多数の師弟たちによって、「吉益流」とよばれ、全国に行き渡りました。吉益東洞は古方派中興の祖とも呼ばれています。
これ以後、両者を区別するために、傷寒論系医学を「古方」と呼び、内経系の流れを汲む医学を「後世方」と言うようになりました。時代がそれよりやや下がると、古方・後世方ともに長短のあることを認めて、両者の長所を採って行おうとする学派も現れました。これは「折衷派」と名づけられました。和田東郭(わだとうかく)、有持桂里(ありもちけいり)、浅田宗伯(あさだそうはく)などがいます。

古方も後世方も、「証」(しょう)という病的状態を探りながら薬方を決定していきます。古方では『傷寒論』『金匱要略』を祖典として、それらの書に薬方を求めます。その薬方を選ぶにあたっては、症候と治法を念頭に置きながら決定していきます。一方後世方では、金・元以降の方書の薬方も使います。その際疾病の病因を探り、独自の理論を以て治療を行いますが、その理論は『黄帝内経』から派生した、陰陽五行論に依拠しています。この古方派と後世方派の中間を行くのが折衷派となります。実際には古方派といえども治療に当たって後世方の薬方を使うことはありますし、後世方派であっても傷寒金匱の薬方を使うことはあります。要はそれらの薬方を古方の症候と治法で考えていくのか、後世方のように病因と病論の中で考えるのかということです。因みに私は古方派に属しています。
このように各流派により、用いる薬方や、疾病治療に対する考え方が違います。時々同じ症状で漢方薬局へ行っても、店によって出される薬が違うのはどういうことかといった質問を受けることがあります。最たる理由はこの流派の違いと言えましょう。

漢方は実証主義を重んじますので、効いたという結果が出ていればそれがどういう薬方であっても、その薬方は効いたのです。山へ登るに、東側から登ろうと西側から登ろうと、登ったということには違いありません。私が私淑している奥田謙蔵先生は、薬方についての考え方については持論を曲げませんでしたが、ある薬方を用いて治ったいう治験については、それは事実だからと認めていました。山の東側から登るのと、西側から登るのとでは、ルートの難易度や達成感が違います。漢方も薬方によって、運用の難しさや手応えが違います。

各流派の考え方というのは、学会や講習会等でも丁寧に教えてくれることは私の経験では滅多にありません。各流派のどこが違うのかといえば、基本となる陰陽虚実(いんようきょじつ)の考えに違いがあります。古方派は陰陽虚実を病の進行を知る符丁、すなわち病位(ステージ)として捉え、それに基づいて病勢を探ろうとしますが、後世方派は陰陽を人体の中で相対する二面として捉え、その調和の破れが病的状態になると考え、それらを経絡や臓腑にあてはめて病因を論じようとします。大抵はこの辺の説明は避けるというか知っているという前提で話を進めますので、あらかじめその区別をつけていないと漢方を勉強してもさっぱり分からないと言うことになります。この流派の選択は、その方が誰に漢方の手ほどきを受けるかによって、自ずと決まってしまいます。漢方に限りませんが、何事も初めが肝腎なのです。


Copyright© 2006-2015 KENICHI TSUKADA All reserved.

Valid HTML 4.01 Strict Valid HTML 4.01 Strict