漢方の名称

HOME > 漢方資料 > 漢方略解 5

〔画像/『皇漢医学』湯本求眞〕

漢方という名の由来について

漢方とは「漢土の方術」という意味がこめられています。これは日本から見た漢土(現在の中国の国土)であって、漢土から伝来した医術を指します。つまり漢方とは和製語であります。いつ頃から使われたかというと、案外新しく幕末であります。幕末ということは、当然その頃日本には西洋医学がかなりの勢いで普及しています。ですからそちらの方は「蘭方(らんぽう)」とも呼ばれていました。

この漢方の表記については、浅田流など一部の流派では「漢法」と書く所がありました。これはなかなか蘊蓄のある呼び方でありまして、およそ世の中で、その道の決まりごとを厳格に記しものは、ほとんど「法」の字が充てられました。仏の道は「仏法」ですし、戦術書といえば「兵法」ですし、しきたりは「作法」というように…。しかし「漢法」は「漢の天子の定めた法律・漢代の法律」(『新字源』)という別の意味もあるため、普及はしなかったようです。無門塾の講義の中では、敢えてこの「漢法」という字を使うことがあります。それは上記の意味をこめて用いていると考えてください。また明治末期から昭和初期においては「漢方」に代わって「皇漢医学」という名称が使われていたこともありました。

現在漢方といわれているものは、その根本の治療方法と理論は、古(いにしえ)の中国医学に端を発します。日本へは6世紀頃に伝来し、始めのうちこそその模倣に終始していましたが、室町時代になると次第に臨床経験に照らして日本人向けに改められ日本化されていきます。そして徳川時代になって、儒教の影響も相俟って日本独自の発展を遂げました。したがって一般的には奇異に思われるかもしれませんが、狭義の漢方は日本の伝統医学なのです。そのため日本の先哲の考え方にこそ漢方の本質があり、そこがとても重要なのです。幸い日本においては現在でも漢字と仮名を併用することで、漢文の書き下し文を読む技術が残っており、これにより何とか先達の考えを学ぶことができます。


Copyright© 2006-2015 KENICHI TSUKADA All reserved.

Valid HTML 4.01 Strict Valid HTML 4.01 Strict