漢方薬と民間薬

HOME > 漢方資料 > 漢方略解 2

〔画像/カタクリの群生〕

漢方に似て非なるもの

凡そ巷で「漢方薬」という名称を使って呼ばれているものは、二つに大別することができます。それが漢方薬と民間薬です。ともに植物(一部動物や鉱物を含む)の薬効を期待するわけですが、その概念は全く違います。

民間薬は主に植物の地上部である葉や実を利用します。それも大抵は単独の一味で使用され、その使い方は人から人への伝聞が元になっています。例えば下痢にゲンノショウコを使えとか、便秘にドクダミとか、肝臓病にメグスリの木が効くとかです。これら民間薬の効果は玉石混交で、評価の確立しているものもあれば、効果が怪しいものもあります。今挙げたものの中では、ゲンノショウコとドクダミが成分分析や臨床試験によって特定の効果が認められています。したがってこれらは日本薬局方の医薬品として国がその価値を認めています。しかしそれでも民間薬は漢方薬には成り得ません。民間薬の効果は一見具体的で明確なように見えますが、漢方的に見るとその使用目標は曖昧で不確実なものなのです。

では漢方薬とはどのようなものを指すのかと言えば、先ず漢方薬は民間薬に比べると原料である薬草に根を用いる比率が高くなっています。そして一部の例外を除いて二種類以上の薬草を決められた分量で組み合わせた処方から成り立っています。漢方薬は処方薬なのです。さらに殆どの漢方薬には出典があります。その漢方薬の使い方を指示した書物、『傷寒論』(しょうかんろん)や『金匱要略』(きんきようりゃく)、『和剤局方』(わざいきょくほう)や『万病回春』(まんびょうかいしゅん)などが存在します。ですから我々漢方を専門にたずさわっている者達は、その書物を勉強し、そして実際に使いながらその運用法を修得していきます。そこでは病名よりも症状に重点がおかれます。

たとえば風邪を例にあげてみましょう。風邪で熱がある場合、漢方ではその熱候を鑑別します。風邪の初起で悪寒発熱して、頭痛肩こりがひどくあって、体に汗をかく気配がなければ「項背強ばること几几、汗無く悪風する者」の葛根湯を使います。風邪がこじれて微熱が残り、食欲がなく、みぞおちから脇にかけて重苦しい感じがするときは、「往来寒熱、胸脇苦満、黙黙として飲食欲せず」の小柴胡湯(しょうさいことう)を使います。この一見抽象的で分かりにくい条文ですが、その内容を理解し一度病人に対してこれらの症状を見出すことができれば、病名の如何を問わずこれらの漢方薬を応用することが出来ます。つまり漢方薬にはそうした懐の深さと普遍性を持ち合わせているのです。


Copyright© 2006-2015 KENICHI TSUKADA All reserved.

Valid HTML 4.01 Strict Valid HTML 4.01 Strict